美ヶ原ロングトレイル


美ヶ原高原ロングトレイルは、市民の健康増進を図る目的で整備を行い、岳都松本の東山地域、美ヶ原高原を中心に、北は四賀地区の金山町を起点に戸谷峰、武石峰を通り、日本百名山でもある美ヶ原高原王ヶ頭を目指します。王ヶ頭に立てば、北アルプス、南アルプス、富士山、八ヶ岳、浅間山と雄大な山々の眺望が堪能できる360度の大パノラマが広がります。アルプス展望コースを抜け、茶臼山、三峰山、鉢伏山を通り南の起点である牛伏寺までの、総延長約45キロメートルのロングトレイルです。
トレッキングは、平地を歩くよりも時間を感じさせず、美しい景色を楽しみながら想像以上のカロリーを消費することができます。また、森林コースでは、清らかな風が運ぶ木の香りは、ストレス解消、リラックス効果があるとされています。ロングトレイルには、サブルートもあり、歩く方の目的、体力に合ったルートを選んで歩くことが可能です。
日本一高く広い高原を抜けるロングトレイルを歩き、四季折々の違う表情をお楽しみください。

さらに詳しい情報は、松本市のホームページをご覧ください。
https://www.city.matsumoto.nagano.jp/miryoku/kanko/matsumoto/2013longtrail.html